衝撃映像|テレビでは放送できない衝撃映像集
400本以上の衝撃映像/おもしろ動画を世界の動画投稿サイトから集めてみました。あの衝撃映像が再び。



【衝撃映像第282作品】首都圏地盤に力、南関東のM7級誘発も…東大研。衝撃画像

ここでは、「【衝撃映像第282作品】首都圏地盤に力、南関東のM7級誘発も…東大研。衝撃画像」 に関する記事を紹介しています。


衝撃映像

お金つむつむ 今、学生と主婦やOLが通勤通学時間に●万円を稼ぎ出す!今年はアプリの当たり年
お小遣い稼ぐなら、今話題の「お金つむつむ」をさあ、ダウンロード






上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


衝撃コメントお願いします

衝撃映像



衝撃映像 【衝撃映像第282作品】首都圏地盤に力、南関東のM7級誘発も…東大研。衝撃画像


朝から笑えない記事で目が覚めた。
読売新聞によるとこうだ。

東日本大震災で起きた地殻変動の影響で、
首都圏の地盤に力が加わり、
地震が起きやすい状態になっているとの解析結果を、
東京大地震研究所のグループが22日、発表した。
解析結果は、大震災後に発生した地震の分布とも
ほぼ一致している。
同研究所では、国の地震調査委員会が今後30年間に
70%の確率で起きると予測しているマグニチュード7級の
南関東の地震が誘発される可能性があるとして、
注意を呼びかけている。
同研究所の石辺岳男・特任研究員らは、
首都圏で過去24年間に起きた約3万の地震で破壊された領域が、
大震災でどのような影響を受けたかを解析。
地震が起きやすくなる力が働く領域は約1万7000で、
起きにくくなる領域の約7000よりも多いことが分かった。
震源が30キロよりも浅い地震は
静岡県東部から神奈川県西部で、
30キロよりも深い地震は茨城県南西部、
東京湾北部で起きやすくなっていることが判明した。

次は南関東が危ない。
特に「起きやすい」とされる相模湾近辺で
今回の東日本大地震並みの地震が
起きれば、津波は東京湾まで、
わずかな時間で押し寄せるだろう。
さらに、東京湾の入り込んだ形を見れば
素人目にも、波の高さは想像を絶する高さとなろう。
津波は30分程度で東京湾に押し寄せ、
都市部を飲み込む。
地下鉄に大量の海水が流れ込み、
そして住宅をなぎ倒す。
首都圏移転や、機能の分散化の検討を
すぐにでも始めるべきだ。

ブログパーツ
関連記事


衝撃コメントお願いします

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://syougekieizo.blog121.fc2.com/tb.php/409-997625c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。