衝撃映像|テレビでは放送できない衝撃映像集


東北関東大震災

ここでは、「東北関東大震災」 に関する記事を紹介しています。


衝撃映像

お金つむつむ 今、学生と主婦やOLが通勤通学時間に●万円を稼ぎ出す!今年はアプリの当たり年
お小遣い稼ぐなら、今話題の「お金つむつむ」をさあ、ダウンロード






上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


衝撃コメントお願いします

衝撃映像



衝撃映像 【衝撃映像第281作品】津波に飲み込まれ九死に一生を得た新聞記者衝撃映像


岩手県釜石を襲った津波。
その津波の写真を撮ろうと
岸壁近くまで接近した
岩手東海新聞の千葉東也記者が
津波に流されてしまった。
あまりに強烈な津波の中で
必死に守ったカメラ。
そして彼は幸いにも
その場近くに積み上げられていた
石炭の山にたどり着き、
九死に一生を得た。
その衝撃の写真がこれだ。
そして、現場には、
あのカメラが・・・。

ブログパーツ


衝撃コメントお願いします

衝撃映像





衝撃映像 【衝撃映像第280作品】岩手県大船渡市さいとう製菓恐怖の津波脱出衝撃映像


三陸地方といえば「かもめの玉子」を
ご存じの方も多いだろう。
その「かもめの玉子」を製造するのが
岩手県大船渡市のさいとう製菓。
3月11日、地震直後の映像を
ご覧いただきたい。
地震のゆれも収まらない中、
社長がビデオを手にして、
社員に落ち着いて避難するよう指示。
津波がくるから皆に避難をうながす。
会社事務所を飛び出し、
工場の社員にも指示。
そして川を見ると、
魚が異常に跳ね上がっている。
そして
社長、社員は会社を後にして
高台に逃げたのだが。
目の前で繰り広げられたのが、
破壊されていく街、そして本社ビル。
「あああああああああああ」
声にならない声を上げる。
何が防波堤だ、何が防潮堤だ。
そして、街を飲み込んだ、津波が
さらに高さを増してきた。
ここも危険だ、
そして映像は終了した。

さいとう製菓のホームページによれば
社員は全員無事に避難したという。
社長の的確な指示が、社員の命を救った。


ブログパーツ


衝撃コメントお願いします

衝撃映像


*衝撃映像につき閲覧ご注意ください。

衝撃映像 【衝撃映像第278作品】「レベル7」福島第一原発10キロ圏内衝撃映像


今日ついに衝撃の事実が公表された。
福島第1原発事故の深刻度が国際評価尺度で
最悪の「レベル7」と変更されたのだ。
そもそも建屋が吹っ飛んだ時点でレベル7だった
はずなのに、その公表が
一か月たった今というのが驚きだ。

今日紹介するのは、
福島第一原発から10キロ圏内という
避難エリアに、その現実を伝えるべく
立ち入り、撮影した映像だ。
「福島原発10キロ圏内 / 泣き叫ぶ牛たちの末路」と
題されたこの映像。
避難勧告エリアゆえに、飼主も立ち去り、
放置されたままの乳牛たちの映像だ。
この牛たちは避難勧告の日から、
一か月近く放置され、捨てられているのだ。
エサも水も底をうち、多くが痩せ細り、
そして放射能を浴び、命を失った。
生き残った牛たちの悲鳴、悲鳴、悲鳴。

耳を覆いたくなる悲鳴。
命の叫び。人間への怒り。


これが福島第一原発事故の現実。
人間が犯した史上最悪の罪、核。
世界で唯一被爆したにもかかわらず、
原子力発電を推進した罰なのか?

深刻度最悪の「レベル7」。
チェルノブイリ級というが、
「レベル7」より上はない。
つまりこれ以上悪化しても、
それを数値で知る術がないのだ。

願わくば、牛たちの受けた同じ苦しみを
人間達が受けないことを。

「レベル7」チェルノブイリは汚染圏は
半径300キロにも及んだ。
そして巨大都市、東京は300キロ圏内にある。


ブログパーツ


衝撃コメントお願いします

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。